ラズパイの良いところは、SDカードにOSを入れられること。
しかしデメリットは壊れる可能性があることです。

万が一壊れた場合に備えて、バックアップを取りましょう。
また、ラズパイを使い倒そうと設定を変更しているとグチャグチャになることも・・・。
バックアップがあれば戻したい環境に何時でも戻せます。

バックアップは、単純にファイルをコピーするだけではNGです。
WindowsのPCでバックアップ、復元をする方法を詳しく紹介します。

バックアップ手順

1.バックアップソフトの準備

「Win32 Disk Imager」というソフトを用いてバックアップする手順を紹介します。
以下よりダウンロードしてください。
https://ja.osdn.net/projects/sfnet_win32diskimager/

2.空のイメージファイルを作成

「Win32 Disk Imager」では、存在するファイルを指定しないと「Read」ボタン等が有効にならないので空のファイルを作成します。
バックアップしたいフォルダで、適当な名前で拡張子.imgファイルを作成します。

拡張子は.imgでなくても問題ありません。

3.「Win32 Disk Imager」でバックアップ

「Win32 Disk Imager」を起動します。

バックアップ

a.先程作成した空のファイルを指定します。(画像の1)
b.SDカードドライブが選ばれていることを確認します。(画像の2)
c.「Read」ボタンを押下します。(画像の3)

以上で、ファイルにSDのカードのバックアップが作成されます。

ディスクの空き容量にご注意ください。
16GBのSDカードをバックアップする場合、ラズパイで少ししか容量を使っていなくても16GBのファイルサイズになります。
バックアップすることを考えるとSDカードの容量が大きい方がいいとは一概に言えないです・・・。

復元手順

バックアップしたファイルから、SDカードへ復元する方法を書きます。

1.フォーマットソフトの準備

SDカードをフォーマットするソフトを用意します。
「SDカードフォーマッター」というソフトを使い初期化します。
以下よりダウンロードしてください。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

2.SDカードのフォーマット

バックアップデータを復元したいSDカードをPCに挿入します。
「SDカードフォーマッター」を起動します。
※DriveにSDのカードのドライブが選択されていることを確認してください。

「オプション設定」を押下し、以下を設定してください。
 消去設定:上書きフォーマット
 論理サイズ調整:ON

「OK」ボタンを押し設定した後、「フォーマット」ボタンを押下しフォーマットを行います。

3.「Win32 Disk Imager」で復元

「Win32 Disk Imager」を起動します。

復元

a.SDカードへ復元したいイメージファイル名を指定します(画像の1)
b.SDカードドライブが選ばれていることを確認します。(画像の2)
c.「Write」ボタンを押下します。(画像の3)

以上でSDカードへの復元は完了します。

その他

もしUSBタイプのSDカードリーダーを持っている場合は、GUI環境のRaspbianでバックアップすることが出来ます。

Raspbianの「アクセサリ」→「SD Card Copier」でツールを起動し、SDカードをコピー出来ます。

RaspbianでSDカードコピー
ただし、SDカードへのコピーなので、節目ごとにバックアップを取ろうとすると、その枚数分SDカードが必要となります。
Windowsでイメージファイルとして保存するほうが柔軟に対応出来ます。

まとめ

ラズパイにOSをインストールして環境を整えた後、システムを組んで環境を整えた後などにバックアップをとっておくと、万が一壊れた時でも安心です。
バックアップや復元は時間がかかるので、時間がある時に、他のお仕事をしならバックアップ、復元をしましょう。